2017年03月31日

疲労回復について

疲れやすい人と疲れにくい人の違いは何が違うのかをお話をさせて頂きます。
疲労は筋肉に乳酸が蓄積するために起こります。
乳酸が蓄積すると、血液が酸性に傾き、細胞の活動が低下してしまいます。
細胞が低下すると筋肉が収縮する力が落ちるので、疲れやすくなります。
疲労状態を回復するには、血液の循環を良くする事と疲労回復する飲み物や食べ物を摂取する事です。
疲労は普段の日常生活で糖質を多く取る人に多いと言われています。
糖質を取ると糖質を分解する時に乳酸が発生するので、気をつけましょう。
あと、有酸素運動も肝心です。
*無酸素運動
(短距離走や重量上げ)
*有酸素運動
(ウォーキングやスイミング)
疲労回復にはクエン酸が多い食べ物や飲み物が良いと言われます。
ビタミンB1とアリシンの組み合わせが良いです。
ビタミンB1+アリシン=アリチアミン
アリチアミンは長時間の疲労回復になります。
【ビタミンB1】豚肉・鰻・大豆
【アリシン】にんにく・にら・玉ねぎ
【クエン酸の多い食べ物】
酢・レモン・梅干し
IMG_0518.JPG

posted by ブルドック at 12:00| 疲労回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする