2017年04月01日

春は肝臓の機能が上昇しやすい時期と言われてます。
春は草木が芽吹き、花咲き誇る、始まりの季節です。
英語で春を指す【spring】も、その意味のほかに跳ぶ、跳ねる、弾く、湧き出る、という意味を持っています。
春は暖かくなり過ごしやすい反面、自然界で植物などの芽が盛んに芽咲くように、人の体の中からも冬の間に蓄積した病気の芽となる汚れが体表に流出してしまうため、身体に様々な症状が出やすくなります。
【肝臓が弱くなるとなりやすい病気】
花粉症・高血圧・めまい・だるさ・のぼせ・目の疾患・眼精疲労・ニキビ・吹き出物・右肩の凝り・寝違い・筋肉の症状・イライラ・不眠・自律神経失調・鬱・精神不安等
IMG_1358.JPG
posted by ブルドック at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする