2018年03月20日

炭水化物について

炭水化物とは、糖質と食物繊維が一体になった米や小麦粉などをさします。
糖質は単糖・少糖・多糖に分類され、それぞれの働きをしています。
単糖は最小位の糖でブドウ糖や果糖・ガラクトースがあります。少糖は単糖が2個あるいは数個結合したもので、ショ糖や麦芽糖・乳糖があてはまります。多糖とは単糖が数千、数百万と結合した糖類でデンプンやグリコーゲンなどあります。
糖質は体内に入ると、最小単位の糖質まで分解され、小腸で吸収されます。
吸収された単糖は、門脈を通って肝臓でブドウ糖に変えられ、血液を通して各細胞に運ばれ、エネルギー源や身体の構成要素となります。
(単糖類)
ブドウ糖↓
エネルギー源・筋肉を動かす・脳を活性化する
(果糖)↓
エネルギー源・疲労回復
(ガラクトース)↓
エネルギー源・体組織の構築
(麦芽糖)↓
エネルギー源・血糖値の上昇・中性脂肪蓄積
(ショ糖)
エネルギー源・グリコーゲンとして蓄積・血糖値の上昇・中性脂肪蓄積
(乳糖)↓
エネルギー源・グリコーゲンとして蓄積・体組織の構築
(オリゴ糖)↓
コレステロール抑制・腸内環境改善・便秘解消・虫歯予防
(デンプン)↓
エネルギー源・体組織の構築・グリコーゲンとして蓄積
(グリコーゲン)↓
エネルギー源・エネルギーの蓄積



889A1628-DCE0-41B3-A93A-4C8331B7D90B.jpeg
posted by ブルドック at 13:47| 炭水化物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

老化の原因について

老化について考えた事はありますか?
人間は嫌でも老化していきます。
健康と年齢を考えるにあたり、「老化」の概念を見直す必要性があります。
老化は人によって進行するペースは個人差があります。
老化とは年齢に正比例するものではなく、ちょっとした考えを知っているだけで、老化のペースを遅らせる事が可能です。
老化のペースを遅らせる為には、体内の酸化を防ぐ事が大切です。
酸化を減らす事によってアンチエイジング効果になります。

【体内の酸化の原因】
1.過酸化脂質
2.食品添加物
3.飲酒
4.禁煙
5.ストレス
6.激しい運動
7.細菌
8.ウイルス
9.紫外線
10.酸性雨
11.残留農薬
12.排ガス
13.ダイオキシン

【酸化が原因で引き起こす病気】
1.動脈硬化
2.糖尿病
3.心疾患
4.脳卒中
5.アルツハイマー
6.胃・十二指腸潰瘍
7.ガン
8.アレルギー疾患
9.シミ・シワ・たるみ
10.老化の進行

アンチエイジング「抗老化」を実現するには、活性酸素の害から身体を守る事です。
抗酸化力はビタミンACE・ポリフェノールなどを適度に摂取する事が良いと言われています。

空気から取り入れた酸素は体内で栄養素を燃やしてエネルギーを産生する為に使われます。
このときに活性酸素が発生します。
このうち約98%は水に変化しますが、2%の活性酸素は処理されずに残ってしまいます。
これが病気や老化の原因となるのです。
詳しくは活性酸素を調べて頂くと勉強になると思われます。
僕の記載は参考程度で宜しくお願い致します。

E293331D-CBC0-4D77-AE82-507602D779C7.jpeg
posted by ブルドック at 13:33| 老化の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

ミネラルの働きについて

ミネラルは人体の機能を調整する大切な働きをする栄養素です。
人間には16種類の必修ミネラルを必要とします。
あと、ミネラルは体内で育成する事が出来ないので、食生活でミネラルの摂取する事を忘れないようにしましょう‼︎
ミネラルは体内の細胞の新陳代謝やエネルギーの働きをしてくれます。
鉄は血液を作り、マグネシウムは酵素を活性化し、カルシウムとリンは骨を作り、ナトリウムとカリウムは体内水分や神経伝達にをしてくれます。
これら、上記の内容を下記に詳しく書かせて頂きますので、興味のある方は参考にして頂けましたら、良いかと思います。

✴︎カルシウム✴︎
【効用】
精神安定・歯を丈夫にする・骨粗鬆症・高血圧・動脈硬化予防・筋肉の働きを良くする
【不足】
肩こり・腰痛・高血圧・イライラ・動脈硬化・歯や顎の発達不良・骨粗鬆症

✴︎リン✴︎
【効用】
丈夫な歯をつくる・骨の強化・成長促進・関節の痛みをやわらげる
【不足】
骨が弱くなる
【過剰】
骨が弱くなる・腎機能障害

✴︎カリウム✴︎
【効用】
むくみを解消・筋肉を正常に保つ・取りすぎた塩分を排泄・高血圧予防
【不足】
むくみ・高血圧・筋肉のけいれん
【過剰】
腎機能障害の場合・高カリウム血症

✴︎ナトリウム✴︎
【効用】
胃酸の分泌促進・神経と筋肉を鎮静・熱中症
【不足】
熱中症
【過剰】
むくみ・高血圧・動脈硬化・胃がん

✴︎マグネシウム✴︎
【効用】
血圧の維持・心疾患を予防・体温維持・筋肉の働きを良くする・骨代謝
【不足】
不整脈・高血圧・動脈硬化

✴︎塩素✴︎
【効用】
消化促進・pHバランス調整
【不足】
消化不良
【過剰】
腸内細菌バランスを崩す

✴︎イオウ✴︎
【効用】
骨や皮膚をつくる・有害ミネラルの蓄積を防ぐ・肝臓の胆汁分泌促進
【不足】
皮膚炎・関節が弱る・解毒能力低下

✴︎フッ素✴︎
【効用】
歯の再石灰化促進・細菌抑制
【過剰】
歯の表面が変質

✴︎鉄✴︎
【効用】
造血作用・脳の働きをよくする・全身の機能を高める
【不足】
鉄欠乏性貧血・成長不良
【過剰】
鉄沈着症・鉄中毒

✴︎ヨウ素✴︎
【効用】
甲状腺ホルモン合成・発育促進・エネルギー産生
【不足】
発育不良
【過剰】
甲状腺腫

✴︎亜鉛✴︎
【効用】
味覚を正常に保つ・生殖機能向上・脱毛予防
【不足】
味覚障害・精子減退・成長不良
【過剰】
急性亜鉛中毒

✴︎銅✴︎
【効用】
造血作用・血管壁強化・髪や皮膚の色を正常に保つ
【不足】
鉄欠乏性貧血・発育障害

✴︎マンガン✴︎
【効用】
抗酸化作用・正常な骨の形成・疲労回復

✴︎セレン✴︎
【効用】
抗酸化作用・抗がん作用
【不足】
身体の老化が進む
【過剰】
脱毛・嘔吐・下痢

✴︎クロム✴︎
【効用】
糖尿病予防・高血圧予防
【不足】
糖質・脂質の代謝低下

✴︎モリブデン✴︎
【効用】
尿酸代謝・鉄欠乏性貧血予防
【不足】
鉄欠乏性貧血・尿酸代謝障害
1A2BB01F-C8C1-452D-AE70-AD4C88C427F4.jpeg
posted by ブルドック at 12:00| ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。